ミャンマーの貧しい学生の大学進学を支援する国際里親制度

観光で訪れたいミャンマーの世界的な仏教遺産

観光で訪れたいミャンマーの世界的な仏教遺産

ミャンマーを観光で訪れたならば、欧米諸国にはない独特な魅力を発見することでしょう。
魅力ある観光地が数多くあることから、
ミャンマーは東南アジアの中でも旅行者のリピート率が高い国としても知られています。

必ず訪れたいバガン遺跡

ミャンマーのバガン遺跡は、
カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール遺跡と並び、
世界三大仏教遺跡といわれています。
バガンには、11世紀から13世紀に建てられた大小様々なパゴダ(仏塔)や寺院が
数多く点在しています。
現存しているパゴダの数は、実に3000を超えています。

パゴダに入る際の注意点

パゴダは、「釈迦の住む家」とされるため、入る前に必ず履物を脱ぐ必要があります。
靴下やストッキングの着用も許されないので、注意する必要があります。
したがって、パゴダを見学する際は、ストッキング等は履かない方が無難でしょう。
また、すぐに裸足になれるように、脱ぎやすい靴を履いていくようにしましょう。
サンダルなら簡単に脱ぐことができるのでオススメです。
その他、外国人は入場料を支払う必要があるので、
米ドルか現地通貨を用意しておく必要があります。

ミャンマー旅行で覚えておきたいこと

ミャンマーは仏教国であるため、仏教を冒涜する言動は控える必要があります。
また、仏教国であることから、
女性だけでなく男性も露出度の高い服装は避けるようにしましょう。
さらに、ミャンマー国内は、
事前に許可を取らなければ行けない場所もあるので注意が必要です。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional