ミャンマーの貧しい学生の大学進学を支援する国際里親制度

民主化で経済発展が見込まれるミャンマーの経済

民主化で経済発展が見込まれるミャンマーの経済

ミャンマーの経済規模は、日本の福井県とほぼ同程度になります。
1962年から1988年の間に行ってきた鎖国政策により、
他のアジア諸国と比べて大きく出遅れてしまいました。
しかし、かつての中国やベトナムなどがそうであったように、
出遅れはしましたがミャンマーにも経済成長の兆しが見え始めています。

東南アジアの大国であったミャンマー

ミャンマーの主要農産物は米になります。
また、ミャンマーは宝石の産出量が多いことでも知られています。
世界のルビーの9割は、ミャンマーで産出されています。

かつてのミャンマーは、天然資源が豊富で東南アジアの中でも豊かな国のひとつでした。
しかし、軍事政権が行った鎖国政策によって、ミャンマー経済は冷え込むことになります。

アジア最後のフロンティア

天然資源開発による環境破壊などの理由から、
欧米諸国はミャンマーで製造された商品の輸入を禁止しています。
しかし、アメリカはミャンマーの民主化を評価しているため、
今後この輸入禁止の政策は改められるといわれています。
そのため、
今後日本だけでなく他国の企業の多くがミャンマーに進出していくことが予想され、
ミャンマーの経済成長が期待されています。

ミャンマーは、人件費が中国やベトナムよりも安いため、
他国の企業にとっては魅力的な国になります。
そのため、「アジア最後のフロンティア」とも呼ばれ、
今後に大きな期待が寄せられています。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional